とちぎ未来大使 宇都宮市出身の漫画家仔鹿リナさんが来会されました。

とちぎ未来大使で宇都宮市出身の漫画家・仔鹿リナ(こじか りな)さんが、当協会に来会されました。

仔鹿さんは、現在週刊誌「モーニング」で連載している作品「八百森のエリー」の単行本を発売しています。
こちらの作品は、栃木県宇都宮大学で農業を学んだ主人公(エリー(卯月瑛利))が、卒業後宇都宮市内の青果仲卸会社に入社し、同僚(のりたま(大虎倫珠))と、さまざまな問題と向き合い奮闘し、解決していく様子を描いた作品です。栃木県内の産地と農産物たくさん登場しています。


トラックバック

このエントリのトラックバックURL: