そば栽培&そば打ち体験について

日光市南部に位置する岩崎地区は、『まんが日本昔話』にも登場する「鶴の子観音」の民話が残る岩崎観世音に見守られたのどかな地域です。
地産地消推進店「観世音そば下の家」の店主が構成員となっている岩崎そば生産組合の農業体験部では、そばの栽培とそば打ちを組み合わせた都市農村交流体験を提供しています。

開催時期
第1回 平成30年7月31日(火) そばの種まき
第2回 平成30年8月28日(火) そばの刈り取り
第3回 平成30年12月15日(土) そばの脱穀
※各回とも石臼での製粉、そば打ちも行います。

会場
岩崎そば生産組合体験交流センター
(日光市岩崎1292-1)

集合時間・場所
8:35 新鹿沼駅(東武日光線)
8:45 鹿沼駅(JR日光線)
9:00 岩崎そば生産組合体験交流センター
(JR文挟駅から徒歩15分)

参加費  
 各回2,000円

定員  
 20名

主催   
 岩崎そば生産組合 農業体験部

お問合せ・お申込み
岩崎そば生産組合事務局(観世音そば下の家)
TEL&FAX 0288-27-3000
こちら

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: