河内秋のグリーン・ツーリズムイベント情報を集めました!

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
宇都宮の中心部からちょっとだけ足を伸ばせば、のどかな田舎で農業・農村体験ができます。
詳しくはこちら

こんぴらさんの秋のイベント情報

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
下田原エコ・ワークシアーズではこんぴらさん(田原農産物直売所)を拠点として秋のイベントを開催します。

≪水田アート稲刈り体験≫
〇日時:10月14日(土)10:00~13:00
〇場所:こんぴらさん(田原農産物直売所)宇都宮市下田原町1687-5
〇内容:古代米など数種の稲で田んぼに描いたアートを収穫します。
≪天日干し稲の脱穀&収穫祭≫
〇日時:10月28日(土)10:00~14:00
〇場所:こんぴらさん(田原農産物直売所)宇都宮市下田原町1687-5
〇内容:千歯こき、足踏み脱穀機体験&餅つき
≪こんぴらさんのハロウィンナイト≫
〇日時:10月28日(土)16:00~19:30ごろ
〇場所:こんぴらさん(田原農産物直売所)宇都宮市下田原町1687-5
〇内容:ジャック・オ・ランタン作り&魔女の森探検

詳しくは主催者にお問い合わせください
主催:下田原エコ・ワークシェアーズ(担当:湯沢)
連絡先:028-672-1000(火木土9:00~16:00、日9:00~12:00 にご連絡ください)
こちら

テレビ朝日人生の楽園に、とちぎ地産池消推進店「里のカフェはな」紹介されました。 

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
9月16日(土)テレビ朝日人生の楽園で、とちぎ地産池消推進店「里のカフェはな」が紹介されました。

鹿沼市~ 幸せのブルーベリー農園 ~

ブルーベリーを栽培しながら週末にカフェを営む吉田光春さん(64歳)と妻の信子さん(59歳)が登場。

「定年退職後は農業をしよう」と2人で決め、宮城県仙台市から、栃木県へ移住されました。
移住後は自宅菜園の他に、近所の農家から畑を借りてブルーベリーや野菜の栽培を本格的に始め、カフェ金、土、日曜の週3日間営業する「里のカフェ はな」を2014年7月にオープン。
自家製ブルーベリーと野菜を使ったランチやスイーツを提供しておりますので、ぜひ一度お出かけください。

さいたまテレビ おいしさ まるごと マイスターで「なす」をPR

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
9月18日(月・祝)さいたまテレビおいしさまるごとマイスターで、栃木県産「なす」をPR!
番組では、ダイヤモンドユカイさんに、マイスターとして、とちぎフレッシュメイトの駒場さんより、旬の栃木県産「なす」の作り方生産についてや、おいしさをPRしました。

「足利佐野めんめん街道」キーワードラリー開催のお知らせ

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
栃木県南西部の「足利佐野めんめん街道」では、「佐野らーめん」や「ポテト入り焼きそば」など、特徴ある麺料理を楽しむことができます。
そんな多彩な麺を楽しんでいただくため、8月1日(火)~11月30日(木)の期間、協賛店を巡る「キーワードラリー」が開催されています。
御応募いただいた方の中から抽選で「足利佐野めんめん街道」のご当地商品や協賛店で御利用いただける割引券などが当たります。
食欲の秋も間近。あなただけの「お気に入りの麺」を探しに出かけてみませんか?

詳しくは食の回廊ホームページを御覧ください。
こちら

「河宇ファーマーズショップ連絡会スタンプラリー」開催のお知らせ

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
県中央部の宇都宮周辺の河宇地域は首都圏からのアクセスが良く、農業盛んで気軽に農村の魅力を楽しめる地域です。
このたび9月1日(金)~11月26日(日)の期間で「河宇ファーマーズショップ連絡会スタンプラリー」が開催されています。御応募いただいた方の中から協賛店で使える商品券やケーキ等が抽選で当たります。
河宇地域で生まれた新鮮野菜やこだわり商品をよりお得に、かつお手軽にお求めいただけ、楽しんでいただけるイベントです。
宇都宮名物のギョーザに加え、地元でしか味わえない採れたての新鮮な農産物とあたたかい雰囲気を満喫して、お腹も心も満たされてみませんか?

詳しくは食の回廊ホームページを御覧ください。
こちら

とちぎ農産物イメージアップ研修会の開催

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
9月5日(火)IFC調理専門学校にて、とちぎ農産物イメージアップ研修会の開催しました。県内の飲食店・宿泊施設のシェフや調理師専門学校学生、約80名が参加。
講師には、山形県鶴岡市でイタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」オーナー奥田シェフをお迎えし、開業した時の経験やどうしたら美味しく見えるか。
素材の意味など、奥深く楽しいお話をいただきました。
また、とちぎリーディングブランド農産物を使用した、オリジナルレシピを提供し、意外性のあるメニューに、参加した方々は驚いてました。

今回の研修を活かして、お客様に喜ばれるメニューを提供していきたい。と参加された方からの声もありました。

今後は、研修会参加店を対象に、11月よりオリジナルメニューフェアを展開していく予定です。

道の駅しもつけ 食のオープンスクールでかんぴょうPR!

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
道の駅しもつけ 食のオープンスクールでは、毎月1回、料理研究会臼居芳美先生により、手軽に家庭で実践しやすい美味しいメニューをご紹介しています。
9月14日木曜日のスクールでは、栃木県の特産品かんぴょうもご紹介いたします。
まずは、簡単にできるかんぴょうのもどし方から、保存方法、栄養、盛り付け方など、お得な情報が満載です。
かんぴょうが手放せなくなりますよ!
ぜひご参加してください。

応募方法はこちら/

「那珂川あゆ街道」関連イベント開催のお知らせ

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
栃木県東部を流れる清流・那珂川は、日本屈指のあゆ漁獲量を誇ります。あゆをはじめとする多彩な農産物や観光やな、美しい景観等の魅力満載の「那珂川あゆ街道」では、現在あゆのシーズン真っ只中です。
このたび「那珂川あゆ街道」をより楽しんでもらおうと、7月15日(土)~9月30日(土)の期間、観光やなや飲食店、道の駅等を巡る「キーワードラリー」が開催されます。御応募いただいた方の中から抽選で「那珂川あゆ街道」の特産品が30名の方に当たります。
さらに8月7日(月)は「や(8)な(7)の日」。「那珂川あゆ街道」沿線の観光やな5カ所では、特別企画が用意されています。
この機会にぜひ「那珂川あゆ街道」に遊びに来ませんか?
詳しくは食の回廊ホームページを御覧ください。
こちら

美しい里山で「日光とうがらしの収穫&加工体験」の御案内

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用画面
世界遺産「日光の社寺」から車で15分ほどのところにある日光・山久保地区。美しい里山に囲まれ、清らかな水にも恵まれた山久保地区の「日光とうがらし」は青いうちに収穫され、爽やかな香りと辛みが特徴です。
この日光とうがらしを収穫&たまり醤油漬けにする加工体験が開催されます。ご飯のお供にはもちろん、冷奴や麺類の薬味にしても美味しく、これからの季節に重宝しますよ。とれたて野菜の昼食付きです。
○日時:7月30日、8月6日、8月13日、8月20日(いずれも日曜日)
    10時30分~13時
○場所:栃木県日光市山久保289(※山久保地区活性化組合長宅)
○参加費:大人3,000円(小学生以下2,000円)
詳しくは栃木県ホームページを御覧ください。
こちら