かんぴょう

栃木県の誇る特産品で日本一の生産量で384トンです。地球をかんぴょうで巻くと約1.5周分の長さになります。最近では、中国産の流通により、生産面積、生産量、販売量ともに減少しています。

かんぴょうは、夕顔の果肉をむき乾燥させたものです。

真夏の農家の庭先きでのかんぴょうむきは、栃木の風物詩です。

・県内での栽培の歴史は古く、江戸時代中期(正徳年間)、壬生町で栽培されたのが最初と言われています。

・現在では、下野市、小山市、壬生町などの畑作地帯で230ha栽培され、国産かんぴょうのほぼ全量(93%)が生産されています。

・かんぴょうは、「ゆうがお」の果実を薄くひも状にむき、夏の太陽光で急速に干し上げた乾物で、繊維質の豊富な健康食品です。

 


栃木県のかんぴょうは栽培は、300年近い歴史をもち、栽培面積・生産量とも全国の95%以上を占める特産物です。県産夕顔果実をひも状に剥いて干し、県内の製造工場で製造されています。
栽培されている主な品種は、「河内しろ」「しもつけ白」、そして、栃木で育成された「ゆう太」があり、輸入品に比べて安全で質がよく、自信をもってお奨めできる商品です。

 

 


(4人前)

かんぴょう 50g
絹さや 12枚
ひじき(生) 150g
桜えび 大さじ2
しょうゆ 50cc
砂糖 大さじ5
大さじ1
みりん 大さじ1


かんぴょうは水洗いしたら塩でもみ、20~30分ほど水に浸し、水気を切って一口大に切る。


絹さやは、茹でて斜め半分に切る。


鍋に水 200㏄としょうゆ、酒、砂糖、みりんをいれて煮立て、かんぴょうを入れて煮込む。


かんぴょうが煮えたら、ひじきを入れて水分がなくなる位まで煮込む。


火を止める直前に、茹でた絹さやと桜えびを入れ、さっとからめる。


特有の香りや味を持たないかんぴょうの特長を生かし、グラタンにしました。また、ホワイトソースを豆乳でつくりましたので、牛乳の苦手な人にもお薦めの一品です。

(4人前)

かんぴょう 20g
しいたけ 5枚
鶏肉 100g
たまねぎ 150g
にんじん 50g
ほうれんそう 50g
パセリのみじん切り 大さじ3
サラダ油 大さじ1
塩・こしょう 少々
●ホワイトソース
 バター 30g
 小麦粉 30g
 牛乳 300ml
 塩 小さじ1/2
 こしょう 少々
 パン粉
 粉チーズ


かんぴょうは、戻して歯ごたえのあるくらいの柔らかさにゆで、2~3cmの長さに切る。


にんじんは、薄い短冊切りにしてゆでておく。しいたけは薄切り、鶏肉は一口大に切る。ほうれんそうは、固めにゆで2~3cmに切っておく。


ホワイトソースをつくる。
バターを溶かしたところに小麦粉を入れ、弱火で焦がさないように炒め、豆乳を少しずつ加えながら滑らかにのばし、塩、こしょうを加える。


鍋にサラダ油を熱して、たまねぎ、にんじん、かんぴょう、しいたけ、鶏肉を炒め、塩、こしょうで調味し、1/2のホワイトソースであえる。


グラタン皿にバターをぬり、4を入れ、ほうれんそうをところどころにのせ、残りのホワイトソースをかける。上にパン粉と粉チーズをふる。


180℃のオーブンで焦げ目がつくまで焼く。


簡単でおいしい。 食物繊維がたっぷりとれます。

(4人前)

かんぴょう 5本
するめ 5cm
昆布 5cm
ゆで大豆 100g
にんじん 50g
きゅうり 1本
サラダ菜 1株
●漬け汁
 酒・しょうゆ・酢 各大さじ3
 ごま油 大さじ1
 みりん 大さじ2
 ラー油 少々


かんぴょうは水で洗い塩もみし、5分間ゆでる。


するめ、昆布、にんじんはせん切りにする。


かんぴょう、するめ、昆布、ゆで大豆を漬け汁に3時間以上漬ける。


食べる時にきゅうりをせん切りにする。


にんじん、きゅうりを混ぜる。


サラダ菜を皿にしき、盛りつける。

| 印刷用画面