たけのこ

県内で一般的に利用されているたけのこは、モウソウチクのたけのこです。成長が速く地上にでてから二ヶ月以内で成長が完了します。 「筍」の文字にある'旬'は、十日ほどで伸びきるような意味でしょうか。まさに春にふさわしい、清々しいエネルギーにあふれるたけのこをお召し上がりください。

掘り取って1時間程度からアクが出てきます。アク抜きは、皮付きのまま縦に一本の切込みをいれ、お湯の一割程度糠を入れて茹で、竹串をさして程よい柔らかさとなったら火を止め、自然にさまし、水洗いします。糠が手に入らない場合は、米のとぎ汁などを使用します。

県産の市場出荷状況は3月から5月がピークとなり、早い時期のものほど高値で取引されるため、地温管理など早だしの工夫も行われています。 アクが強くなる前のたけのこを入手するなら農産物直売所に並ぶ朝堀たけのこがいいでしょう。スーパーなどでは下処理を済ませた水煮で販売されています。 また、たけのこ掘り体験ができる竹林もあります。

H14 H15 H16 H17 H18
422 423 424 408 403

| 印刷用画面