ぶどう

ぶどうは、岩舟町、大平町、栃木市、藤岡町などを中心に272ha栽培され、生産量は2,970tです。
栽培品種は、全体の60%以上が「巨峰」で、「キャンベルアーリー」が約25%です。最近では、黒色系以外に赤色系や白色系(緑色)の品種も数多く栽培されています。
また、「種無しブドウ」は、「デラウエア」はほとんど姿を消し、代わって「巨峰」や「ピオーネ」などの大粒種が栽培されています。

 

※露地栽培では全て袋が被せてあるので、写真はハウス栽培のもの。

ぶどうは、粒の色が鮮やかで表面に白い粉(果粉)がふき、弾力性があって大きさのそろっている房を選びましょう。古くなったものは、軸がしおれていたり、粒が落ちやすくなります。また、種無しにした巨峰などの大粒種は、新鮮なものでも粒が落ちやすいので、丁寧に取り扱いましょう。


宝石のかたまりのような房、味も抜群な栃木のぶどう。大粒で甘味の強い「巨峰」を中心に生産されています。
出荷時期は、ハウス栽培のものから露地栽培のものまで併せると、5月上旬~10月までとなります。ゴールデンウィーク明けあたりからハウス栽培の巨峰の出荷が始まります。
おいしいぶどうの見分け方は、ツルが生き生きとして、粒が揃ってツヤがあり、しっかりとついており、表面にブルーム(果粉)と呼ばれる白い粉(自然のロウ質)がついています。ツルが痩せていたり、黒ずんだり、房を持ち上げると粒がポロポロと落ちるものは、収穫の日数が経っていると思ってよいでしょう。
一般に、ブドウは房の上についた粒が一番甘く、先の粒ほど甘味が薄くなっています。したがって、先の粒を食べて甘ければ、その房全体が甘いということです。


種なしぶどうを皮つきのままジャムにすることで独特の食感・色が楽しめます。
このケーキは、大きな山をイメージし、山裾にジャムをのせ凹凸感を出しました。
ぶどう果汁の色素(アントシアン)と膨張剤が反応し薄いブルーの色あいに仕上がります。

(4人前)

●ジャム及び果汁用
 種なし巨峰 1kg
 砂糖 200g
●ケーキ用
 小麦粉(薄力粉) 200g
 ベーキングパウダー 6g
 タンサン(重曹) 4g
 砂糖 50g
●ケーキの具
 巨峰 15粒
 砂糖 30g
 小麦粉 大さじ1
 クッキングシート


ぶどうを15粒むき実にして砂糖30gをまぶしておく。
1kgのぶどうと砂糖を鍋に入れて火にかけつぶしながら20分くらい煮て煮汁を200mlしぼり、残りを煮つめてジャムをつくる。
蒸し器を準備しておく。


小麦粉とベーキングパウダー・タンサン・砂糖を混ぜてふるう。


むき実の汁気を絞り、小麦粉をまぶす。


1にぶどう果汁200ml(たりない時は、水や牛乳を加え200mlとする)を入れて混ぜ生地をつくる。


ケーキ型にクッキングシートをしいて3の生地1/3を流し、2のむき実を等間隔に並べ残りの生地を流し、20分蒸す。(竹ぐしをさしてぬいた時生地がついてこない状態です。)


皿にとり出し、裾の部分にジャムを塗って仕上げる。


夏の果物:巨峰を別の触感で楽しめます。糖分調整が可能で甘さを気にする方でも喜んでいただけます。

(4人前)

ぶどう(巨峰) 150g
ブレーンヨーグルト 200g
グラニュー糖 30g


実を縦4つ切りにして種を取り出す。


皮をむく。ただし1/4は皮付きのまま使用する。


切っておいたぶどうにグラニュー糖を混ぜる。


3にプレーンヨーグルトを加え混ぜ合わせる。


製氷皿にいれ冷凍庫で1~2時間冷やし固める。皮つきのぶどうは、図のように皮を半分むき別に冷やし固める。


固まったら取り出し、包丁で細かく刻む。


器に盛り付け皮つきのぶどうをかざる。

| 印刷用画面