シクラメン

 

ヨーロッパから北アフリカの地中海沿岸地域の幅広い地域に自生しています。

昭和30年代後半から栽培が始まり、昭和50年以降温室の導入が進み、生産が拡大しました。

県内で最も多く栽培されている鉢物で、出荷量は全国第3位です。
県内全域で栽培され、日光市、真岡市、二宮町等で盛んに生産されています。

従来は大鉢生産が主体でしたが、消費のニーズが多様化し、近年はミニシクラメン等の小鉢や耐寒性のあるガーデンシクラメンも生産されています。

置き場所に注意しましょう
光の強さは、レースのカーテン越しの光線が最適ですが、窓際は夜間温度が低くなるので、部屋の 中に置き換えましょう。
水やりは、鉢の表面が乾いてからにしましょう
頻繁に水を与えすぎると、根が窒息してしまいます。鉢の表面が乾燥してきたら、鉢底から水が出 る位たっぷり与えましょう。

| 印刷用画面