ヤシオマス

栃木県水産試験場でニジマスを改良して開発した「とちぎの魚」です。

ニジマスは、成熟すると肉質が落ちてしまいます。1年中おいしく食べられるようにするため、成熟しないように改良しました。

脂ののりが良いのが特徴で、淡水魚特有のくさみもほどんど感じられません。

名称は一般公募し、サーモンピンクの肉の色合いから、県花である「ヤシオツツジ」にあやかり名付けられたものです。美しく鮮やかな肉色は、目でもおいしさを味わうことができます。

お刺身で美味しく召し上がれ、マリネやカルパッチョなどの料理にもよく合います。
他にも、ムニエル、焼き物、薫製、鍋などいろいろな料理に利用されます。

2kgぐらいの大型サイズが食用として良く利用されます。
食材としてばかりでなく、釣り対象として管理釣り場でも利用されています。

県内約10軒の業者が養殖しており、平成18年度は73トン生産されました。

栃木県養殖漁業協同組合 電話 028-664-1815

| 印刷用画面