ニッコウイワナ

ニッコウイワナは県北部から西部の河川源流域を中心に住んでいます。

きれいで冷たい水を好み、真夏でも13~15℃程度にしかならない場所に生息しています。

ニッコウイワナは水生昆虫やその幼虫、水面に落ちた昆虫、沢ガニや小魚、サンショウウオやカエルなどをよく食べます。 産卵期は、水温が10℃前後となる10~11月ごろです。

河川では普通30cm程度まで成長しますが、湖ではさらに大きくなることもあります。
イワナの仲間の多くは側線の背側に細かい白点がありますが、ニッコウイワナではそれに加え腹側に、瞳と同じくらいの大きさのオレンジ色又は黄色の斑点が散在するのが特徴的です。
【側線】魚類の感覚器官のひとつ。一般には、えらぶたの後ろから尾びれの付け根にかけて小さな点状の開口が列状に並んでいます。水の流れ等を感じる器官と言われています。

ニッコウイワナという名前は、日光地方でとられた標本もとに名付けられたことに由来すると言われています。

北海道から東北にかけて分布するアメマス(別名エゾイワナ)を養殖した"イワナ"が多く放流され、食用としても出回っています。近縁の仲間にはヤマトイワナ、ゴギなどがあります。

生後1年~1年半で約80gとなり、主に塩焼きで利用されます。さっぱりした味わいと、すっきりした後味は絶品です。100g~300gの大きなサイズの養殖魚は刺身としてもおいしく召し上がれます。

水産試験場では、在来のニッコウイワナの生息場所の特定と、保護増殖技術の研究に取り組んでいます。
ニッコウイワナはまだ養殖歴が浅いため、野性味が強く飼育しにくい魚です。水産試験場ではこれまでの養殖技術開発試験に加え、生産量を上げるための指導・普及に積極的に取り組んでいます。


【分類、分布とニッコウイワナの特徴について】
イワナの分類にはいくつかの説があり、その形態的な特徴からアメマス、ニッコウイワナ、ヤマトイワナ、ゴギの4亜種または型に分けられ、本県に生息する在来のイワナは、山梨県富士川および鳥取県日野川を結ぶ線以北の本州に分布するニッコウイワナであると考えられます。
ニッコウイワナの特徴は、その個体の瞳孔径と同じ大きさか若干大きい黄色から橙色の有色斑点を体の側線の上下に持っていること、また、側線から背部にかけて瞳孔径よりも小さな白色斑点を持っていることです。
これに対し、これまでの放流種苗は、主にアメマス由来型の人工種苗が使用されてきたため、ニッコウイワナとは異なる系統の魚です。


このイワナは、主に河川の上流域に生息し、標高のある湖沼やダム湖にも生息しています。大きさは、20~25cmのものが多く、湖などで成長したものでは30cmを超えるものもいますが、中には50cmを超える大イワナと呼ばれる個体もいるとのことです。
産卵期は、主に10~11月で、産卵場所として粒径1~3cmの礫などが堆積している渕尻、淵の岸辺に近い場所などを利用します。本流よりも小支流に遡上して産卵し、卵は12月下旬から1月にふ化、稚魚は2月下旬から3月下旬にかけて浮上します。稚魚は、岸よりの浅くて流れの緩い場所(水生植物の繁茂場所や落ち葉帯の中など)で生活し、成長に伴って水深のある淵や本流で生活するようになります。


荒廃もしくは開発の進んだ森林では、土砂の流出や堰堤による生息域の分断がおこり、産卵遡上が疎外されるなど、上流域での自然再生産が難しい状況下になっています。また、堰堤の建設や滝の存在によって上流域に隔離された在来の集団は、個々の生息範囲が狭くなることから、今後、近親交配による衰退も懸念されるところです。
さらには、今後地球温暖化の影響を受けて、年平均気温が4℃上昇したと仮定すると、河川水温の上昇により現在のイワナ生息水域の45.6%が消失すると言う予測もでており(Nakano et al.、1996)、イワナが生息するには厳しい環境条件になりつつあります。


平成19年2月21日に水産試験場でとちぎの魚ブランド化推進会議研修会が開催されました。現在、県ではヤシオマス、ニッコウイワナのブランド化による消費拡大に取り組んでおります。一口にブランド化するといっても、高付加価値化のためにはさまざまな方法があり水産試験場では研究に取り組んでおります。今回、講師に東京海洋大学名誉教授の山中英明先生をお招きし、「魚介類の価値をより高めるには」という演題でご講演いただきました。また高品質化のための活けしめの実習を行いました。魚類はその他の生物同様、死後硬直を起こしますが、この硬直の起こる前の魚は活魚と同様高値で取引されます。この硬直前の時間は活けしめ・脱血をすると大幅に伸ばすことができます。実習の後には活けしめしたものとしていないものを実際に食べ比べてその品質の違いを実感していただきました。

| 印刷用画面