~高級ブランドとして開発した期待の新品種。いちご王国が手がけた最強の品種がついにデビュー~

 「とちおとめ」と比較して果実は極めて大きく、25グラム(3L)以上の割合が約3分の2を占めています。
 果形はきれいな円すい形で、果色は濃橙赤色。品のある艶やかな光沢が魅力です。
 味わいは、酸味が少なく甘さが際立ち、理想的なバランスを保っています。
 平成26年から本格出荷販売開始し、東京や県内のデパート、高級果実専門店などで販売されました。
 平成26年度現在、栽培者数184戸、
栽培面積12.2haで栽培に取り組んでいます。


 「スカイベリー」という名称は、全国から応募のあった約4,388点の中から決定。平成24年9月に商標登録されました。
 ネーミングの由来には、粒の大きさ、おいしさ、美しさのすべてが、「大空に届くような素晴らしいいちご」との意味が込められています。また、栃木県内にある日本の百名山の一つ、皇海山(すかいさん)にもちなんでいます。

| 印刷用画面