ぶどう



 ぶどうは、栃木市、岩舟町などを中心に栽培されています。栽培品種は、「巨峰」が約60%、「キャンベルアーリー」が約25%です。最近では、黒色系以外に赤色系や白色系(緑色)の品種も数多く栽培されています。
 また、種無しぶどうは、「巨峰」・「ピオーネ」などの大粒種が栽培されています。
 観光ぶどう園も各地に開設され、特に栃木市大平町は有名です。
おいしいぶどうの選び方
 ぶどうは、粒の色が鮮やかで表面に白い粉(果粉)がふき、弾力性があって大きさのそろっている房を選びましょう。 古くなったものは、軸がしおれていたり、粒が落ちやすくなります。また、種無しにした巨峰などの大粒種は、新鮮なものでも粒が落ちやすいので、丁寧に取り扱いましょう。


 シャインマスカットは平成18年に品種登録されたばかりのまだ新しい品種の白ブドウです。マスカットの香りと高い糖度、そして何よりも皮ごと食べられるという特徴があります。マスカット・オブ・アレキサンドリアほど栽培は難しくなく、その分価格も手頃で、コストパフォーマンスが非常に高いブドウといえます。本県では平成21年に初めて導入され、平成25年にはシンガポールに輸出されました。



とちぎ農産物マーケティング協会
http://tochigipower.com/staticpages/index.php?page=c1-004budou

()