にら



 東京都中央卸売市場への出荷量は、昭和55年以降連続日本一で、品質とともに市場から高い評価を得ています。
 主な産地は、鹿沼市をはじめ、大田原市、上三川町などの水田地帯を中心とした県内全域です。
 にらには、独特のにおいがありますが、その成分は硫化アリルで、(1)消化酵素の分泌を活発にする、(2)ビタミンB1の吸収を高めるなど重要な役割を担っています。
 また、にらに多く含まれるビタミンA(カロテン)は、肌のカサつきを防ぎ、潤いを与える働きがあります。さらに、ビタミンCも豊富で、その他、ビタミンB1・B2もバランス良く含んでいます。
おいしいにらの選び方
 葉先までピンとしていて、ハリがあるものを選びましょう。
 葉が濃い緑色で、肉厚なものが良いものです。
 茎の部分にしっかりとした弾力性のあるもの、手で持った時にあまりしならないものを選びましょう。


新品種 ゆめみどり
 (平成26年12月4日出願公表)
高品質で多収性のにら新品種「ゆめみどり」
〔特徴〕
 〇草姿は立性で、葉鞘長が長く、収穫調整作業の省力化が図れる
 〇葉が厚く、葉幅が広く、品質がよい
 〇茎数はやや少いが、茎重が重く、多収性である
 〇生育が旺盛で、収穫を重ねても品質が安定しており、長期どり栽培に有利な特徴
 〇冬春どり+夏どり栽培、年1作連続収穫栽培などの長期栽培に適する
 〇休眠性は、スーパーグリーンベルトよりやや浅い


とちぎ農産物マーケティング協会
http://tochigipower.com/staticpages/index.php?page=c1-105nira

()