栃木市の一部地域で栽培されいてる地域伝統ねぎで、別名「ダルマねぎ」とも呼ばれています。一般的な長ネギとは異なり、軟白部が太く短いねぎです。寒さが深まり降霜にあうと、葉部は先端から黄変し、軟白部の甘みが一段と増してきます。宮ねぎの甘さと風味を楽しむには、半煮えの状態で食べるのが一番です。すき焼きや寄せ鍋はもちろんのこと、ねぎぬた、天ぷら、焼き鳥等でお召し上がり下さい。また、そばやうどんの薬味としてもうってつけです。
おいしいねぎの選び方
 葉が鮮やかな緑色をしていて、指で触ったときに弾力があり、巻きがしっかりとしているものを選びましょう。
 白い部分と、緑の部分との境がはっきりとしているものが良品です。
 表面がみずみずしくつやのあるものが新鮮です。


| 印刷用画面