アスパラガス



 アスパラガスの原産地は地中海東部とされ、ヨーロッパで伝統野菜として消費されていました。日本へは、江戸時代に持ち込まれたのがはじめとされています。
 アスパラガスには、グリーン、ホワイト、パープルなどが販売されています。グリーンとパープルは品種特有の色ですが、ホワイトはグリーンに土をかぶせて育てたものです。パープルの中でも、ゆでると緑色になってしまう品種もあります。
 県内では宇都宮市、上三川町、大田原市等で栽培が盛んです。
おいしいアスパラガスの選び方
 アスパラガスは、全体の色が鮮やかな緑色で、茎の太さが一定でハリがあるまっすぐなものを選びましょう。穂先がピンとしていて穂がびっしりと詰まったものが良いものです。茎の切り口が丸くてみずみずしものが新鮮です。アスパラガスは、鮮度が落ちるのがとても早い野菜です。



とちぎ農産物マーケティング協会
http://tochigipower.com/staticpages/index.php?page=c1-108aspara

()