原産地は地中海沿岸。春に花を咲かせ、葉の形がキクに似ていることから春菊と呼ばれています。葉に切れ込みの少ない大葉が四国・九州で、切れ込みのある中葉がそれ以東でそれぞれ栽培されています。
 葉の大きさで、大葉、中葉、小葉の3種類に大別されますが、現在では中国地方以西では大葉、関東と関西では中葉が市場の中心になっています。緑黄色野菜の少ない冬場には貴重な野菜として、鍋物などで親しまれています。βカロテンやビタミンB2、ビタミンC、カルシウムなど豊富な栄養成分が含まれ、コマツナやほうれん草よりも栄養成分の含有量は多くなっており、独特の香り成分が健康に良いともいわれています。
県内の主な産地は、さくら市、高根沢町、宇都宮市などです。
おいしい春菊の選び方
 葉が細く、やわらかいもの、切り口の断面がみずみずしいものを選びましょう。
 葉がみずみずしく、鮮やかな緑色で、香りの強いものが新鮮なよいものです。


| 印刷用画面