レタス



 レタスは、小山市、野木町、下野市、真岡市、上三川町等、東南部地域を中心に生産されています。
 中心となる作型は、秋冬レタスと、春レタスです。10月から5月にかけて京浜市場を中心に出荷されています。
 レタスは、サラダに欠かせない食材で、成分95%は水分ですが、βカロテンやビタミンC、ビタミンEなどが含まれており、加熱調理することにより、栄養分をたくさん摂ることができます。
おいしいレタスの選び方
 茎の切り口が白くみずみずしいものを選びましょう。
 古いものは赤茶色に変色します。また、持ってみて軽いほうが良いレタスで、葉が柔らかく、味が良いです。重いものは葉がかたくなり、苦味がでている可能性があります。
 葉の緑が濃すぎず、全体に弾力があることもおいしいレタスを選ぶポイントです。
 レタスは和名で「ちしゃ(乳草)」。切り口から白い液が出るのでこの名がつけられたとか。



とちぎ農産物マーケティング協会
http://tochigipower.com/staticpages/index.php?page=c1-115leta

()