昭和初期、唐辛子の製造販売のための産地として大田原市で栽培が開始されたのが始まりです。その中で昭和30年頃に、関係者の努力により現在の「栃木改良三鷹(さんたか)」が育成されました。この品種によって生産が拡大し、輸出もしたほどの国内有数の産地となりました。その後産地は縮小しましたが、近年、含まれる機能性成分が注目され、再び栽培が盛んとなっています。
 この品種は色が良く、形も揃っており、辛みが強いです。カプサイシン含有率は0.25%~ 0.35%です。


| 印刷用画面