そば



 日光市・小山市・鹿沼市などを中心に栽培され、収穫量は全国6位(平成24年度)となっています。品種は主に在来種で、夏に播種し秋に収穫を行う「秋そば」が主流です。最近では一部の地域で、春に播種し夏に収穫を行う「夏そば」も栽培されています。
 各産地では、そばの高付加価値化をめざして、「そば処」や「そば打ち体験」のできる施設が数多くでき、地域活性化に役立っています。
そばの特徴
 そばは、カルシウムやカリウム、鉄分が多く、タンパク質においては米の2倍近く含まれている。タンパク質を構成しているアミノ酸のバランスがよく、疲労回復や成人病予防などに効果がある。
 特に、老化を防ぐビタミンEや高血圧を予防するといわれてるルチンを多く含んでおり、健康食品としての人気も高い。



とちぎ農産物マーケティング協会
http://tochigipower.com/staticpages/index.php?page=c1-406soba

()