ヤシオマスは、栃木県水産試験場で品種改良された大型のニジマスで、肉色が県花のヤシオツツジに似ていることから命名されました。
 清冽な水と厳密な餌養管理により、約2年で2~3キロに育ちますが、淡水魚特有の臭みはまったくありません。
 脂ののりが良いのが特徴で、美しく鮮やかな肉色は、目でもおいしさを味わうことができます。お刺身でも美味しく、マリネ、カルパッチョなどの料理にもよく合います。他にも、ムニエル、焼き物、薫製、鍋などいろいろな料理に利用されます。平成19年11月に商標登録されています。

プレミアムヤシオマスとは?
 栃木県では、大型ニジマス「ヤシオマス」を昭和60年代に水産試験場が開発し、その後も品質改良の研究を続けてきました。
 その結果、ヤシオマスの脂肪の「質」に着目して、オレイン酸を豊富に含ませ、他の魚にはない栃木だけのおいしさを作る技術を確立しました。
 「プレミアムヤシオマス」は、この技術を柱とした7つの基準をクリアしたものにのみ使用できるブランド名です。
詳しくはこちら
http://www.pyashio.com/about/


| 印刷用画面