第1回栃木県なしグランプリ表彰式の開催

2月9日(木)栃木県総合教育センターにて、「第1回栃木県なしグランプリ」を開催した。


昨年の共進会の審査項目に品質審査(糖度及び果肉障害等)を加えた形で、昨年9月の地方審査・10月の本審査を経て、大賞として大島昭一(トク子)氏に決定し、大賞に加え特別賞として農林水産大臣賞を授与した。
事例発表では、消費者を大切にし、にっこりの品種特性を生かした大玉で味の良い物を作ることへのこだわり等、他の生産者への模範となるお話しをしていた。本人は語らなかったが、JAうつのみや梨部会の中でも、糖度・玉の多きさ・秀品率の全てがトップクラスの成績であり、正にグランプリ受賞に相応しい生産者である。
また表彰式後に研修会を開催、県農業試験場の大谷室長から最新の研究結果の講話をいただいた。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: