熟成牛「霧降高原牛」が優秀味覚賞三つ星を受賞

業務用食材卸の(株)渡清の熟成牛「とちぎ霧降高原牛」が
国際味覚審査機構(iTQi、本部・ベルギー)の最高位優秀味覚賞
三つ星を受賞しました。

今回受賞した商品は、JA全農とちぎブランド交雑牛「とちぎ霧降高原牛」を、
独自のドライエージング(熟成)を施して出品しました。
お肉をスコッチウイスキーに漬け込み、「貴腐サラミ」で使う白カビを付けて
マイナス1度、湿度70%で45日間熟成させました。
今後は、来年に向けて、「とちぎ和牛」と「那須豚」も出品し、更なるブランド力を
高めていく予定です。


PDFはこちら
下野新聞5月30日掲載

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: