ふき

本県のふきは南なす管内の那珂川町でJA 栽培されています。主な品種は品種「愛知早生」と「山ふき」(水ふきの在来種選抜)です。
JA なす南管内では約50名の生産者により毎年75トンほど生産され、県内をはじめ、首都圏や仙台の市場に出荷されています。

ふきは数少ない日本原産の野菜のひとつ。全国の野山に自生していますので、4~6月には若い葉柄をとって山菜としても楽しめます。野菜としても歴史は古く、平安時代から栽培されていたそうです。ふきは雄と雌の株があり、花が黄色いのは雄株、白いのが雌株。
春一番に出てくるふきの蕾がふきのとうです。


・すっきりした風味、シャクシャクした歯ごたえに、春を感じる日本を代表する山菜の一つ。その独特の歯ごたえは、加熱した後も残ります。お料理のポイントに、下ゆでの時重曹を少し入れると綺麗な緑色に仕上がります。ほっそり長い茎はまるでモデルの美脚?食べたらスレンダーになれるかも!

・バランスがよく栄養が含まれていてカロリーが低く、食物繊維もたっぷりなのがこのふき。便秘気味の人や健康ダイエットを考えるなら、ふきを加えたヘルシーメニューにチャレンジしてみて!

・独特の苦味と香りは咳を静め、消化を助ける働きがあります。また、この苦味が、冬の間に溜まった脂肪を流してくれます。お目覚めの苦さで味覚を引き締めて、新春スタート!

・馬頭町、小川町、烏山町

・11月~5月下旬(ふき)

 

 

 


(4人前)

ふき(長さ50㎝程度のもの) 4~5本
厚揚げ 2枚
生しいたけ 4ケ
削りがつお 1パック
だし汁 200cc
砂糖 小さじ2
みりん・しょうゆ・酒 各大さじ1
少々


ふきは長さ5cm位に切り、板ずりをしてからさっと茹でる。


茹で上がったら、すぐ冷水にとってさまし、皮をむいて水にさらしてあく抜きをする。


厚揚げはお湯で油抜きしてから食べやすい大きさに切る。生しいたけは石づきをとる。


鍋にだし汁、砂糖、みりん、しょうゆ、酒、塩を入れ、生しいたけと厚揚げを入れて10分程煮てから水気をきったふきを加えてさっと煮含める。


器にふき、厚揚げ、しいたけを盛り合わせて煮汁をはり、削りかつおを天盛りにする。

| 印刷用画面