輪菊

・昭和24年頃から

・現在は、大田原市、那須塩原市、塩谷町等で、約43ha栽培。

 


・短日植物であるため、電照と遮光装置が整備されたハウスで栽培。
・日長(日中の長さ)を調節することで、計画的に周年出荷。
・特に、物日(正月、彼岸、盆等)の出荷を狙った作付けが盛ん。

  

新鮮なものを選ぶ
収穫してから時間が経つと、下葉の垂れや、花の日持ちが悪くなります。
葉色が濃く、葉が硬く、葉が上向きのきくを選びましょう。


葉が水に浸り腐敗すると、花瓶の水も悪くなり、花の日持ちが低下します。
花瓶に生ける際には、下葉を取り除き、水につけないようにしましょう。
切戻しをした際にも、下葉の処理を忘れずに行ないましょう。

| 印刷用画面