カリフラワー



 原産地は地中海沿岸、ヨーロッパの西岸地方で2,000年ほど前から栽培されて、日本には明治の初めにブロッコリ-とともに渡来し1960年代に普及しました。現在では白いカリフラワーの生産量はブロッコリーの1/3程度となっています。カリフラワーは調理時のビタミンC損失率が低く、調理後のビタミンC含量はブロッコリーと同等とも言われています。最近ではオレンジ色や紫色のカリフラワーも出回っています。
 県内の主な産地は小山市などです。
おいしいカリフラワーの選び方
 つぼみが密につまっているものを選びましょう。ずっしりと重みのあるものが、水分が多く良品です。
 外側の茎や葉が青々と色鮮やかなものが新鮮です。



とちぎ農産物マーケティング協会
http://tochigipower.com/staticpages/index.php?page=c1-110kari

()