カーネーションはナデシコ科の多年草で、地中海沿岸が原産地です。県内で栽培されている品種は約130種類ほどあります。



 那須町、日光市の高冷地から準高冷地にかけて栽培が盛んです。りんどうの花は、紫色のほかピンクや白などの品種があります。



 初夏を彩る瑠璃色の輝きをイメージしたりんどう新品種「るりおとめ」は、濃い紫色の花色で、花段数が多く咲き揃いの良さが自慢です。



 県内の産地は、宇都宮市と那須烏山市の2ヶ所あり、宇都宮市ではオリエンタル系ユリが、那須烏山市ではスカシユリが多く生産されています。



 スプレー状に多くの花を咲かせるのが名の由来。県内では主に塩谷町、真岡市、鹿沼市で生産され、栃木県全体では全国第3位の出荷量を誇ります。



 冠婚葬祭用として馴染み深い花で、県内では大田原市、那須塩原市、塩谷町等で生産されています。花色は白や黄色が一般的ですが、近年では赤などもあり、利用シー ンが拡大しています。



 宇都宮市、下野市、上三川町、小山市を中心に、年間出荷本数は約900万本の産地となっています。現在では「パステル系」や「スプレータイプ」のバラも多く生産されています。



 県内で最も多く栽培されている鉢物で、出荷量は全国第4位です。県内全域で栽培され、日光市、真岡市、芳賀町等で盛んに生産されています。



 生産者は宇都宮市を中心に各地に点在していますが、本県の特徴は大規模な企業的経営が多く、技術も高く、品質は全国でもトップクラスで各種のコンクールでも常 に上位にあります。



 きらきらと輝く星々を想わせるあじさいの新品種「きらきら星」は、赤味を帯びた紫色または、ピンク色に白い縁取りの入る花色が特徴。他にはない珍しいタイプの あじさいです。



とちぎ農産物マーケティング協会
http://tochigipower.com/staticpages/index.php?page=c1-701hana

()